喜び

東京美容外科のようなところでヘアーの悩みを即解決

知っておくと安心

自毛植毛の概要と研究発展の歴史について

マッサージ

自毛植毛は髪が薄くなった部分にある程度の濃さを保っている頭部の別の部分から髪を移植し、全体のボリュームを均一化させる方法です。また定着した髪は成長する事から、全体のボリュームアップにも繋がります。 薄毛を根本的に解消する手術法として古くから自毛植毛は注目されており、その研究は1800年代から行われて来たという歴史があります。但し当時想定されていたのは現代で言うところの皮膚移植に近い方法であり、また医療技術がまだ伴っていなかった事から実現される事はありませんでした。 その後研究が進み本格的な発展を見せたのは、1990年代になってからの事です。1993年の米国での外科学会の開催とこれを契機とした施術法に関する様々な論文発表によって科学的効果と安全性の立証が進み、世界的に認知されて一気に広まりを見せています。

手術の技術発展と今後の動向

自毛植毛は本格的な広まりを見せてからはまだ歴史が浅い事もあり、現在でも手術法の技術革新が日進月歩で進んでいる分野です。特に近年では毛穴単位で自毛の採取が可能になった事で1回当たりの植毛数が効率化した事や、それに伴った追加植毛回数の上限が大きく見込めるようになった事を技術面でのトピックとして挙げる事が出来ます。これによって、より自然且つ高い精度での自毛植毛手術が可能となっています。また傷跡が残らず採取元の毛の回復も従来より早い事から、リスク低減にも繋がっています。 医師による外科手術となる事から施術者の確保が課題となっていますが、今後については穏やかながらもその施術数は増加して行く傾向になるものと考えられます。